テニス専門・楽天ショップ

テニス

女子テニスのクルム伊達公子パタヤ女子オープンダブルスで優勝

クルム伊達公子は、女子テニスツアーのパタヤ女子オープンダブルスで、
オーストラリアのC・デラクアとペアを組み優勝を果たしました。

クルム伊達はパタヤ女子オープンのシングルスにも出場していましたが、
2回戦で日本の森田あゆみとの対決で敗れていました。

クルム伊達公子が42歳で記録更新の嵐

42歳のクルム伊達は、今年の全豪オープンで
1回戦を勝利したことにより最年長記録を更新しています。

さらには1995年以来18年ぶりとなる
3回戦進出を果たしていました。

このダブルスの2回戦では、昨年のロンドンオリンピックで
銀メダルを獲得した、第2シードのチェコ共和国の
A・フラヴァコバと L・フラデカ組を下す大金星をあげていす。

クルム伊達公子のブログ内で発言

クルム伊達公子はブログで、

「1回戦からタフな試合が続いたからこそ
2人のコンビネーションもラウンドを
重ねるごとに良くなった。」

「C・デラクアとはお互いにいいところを
引き出し合うプレーが出来ていたから優勝できた。」

と語っています。

再チャレンジしてからのダブルスタイトルは3つ目だそうです。

90年代のダブルスは積極的ではなく
トップレベルになってからダブルスは
出場していなかったようです。

しかし42歳ながら、再チャレンジしたことで
3つ目のダブルスのタイトルをとったのは凄いことです。

C・デラクアという恵まれたパートナーと組んで
優勝できたことはすごいことです。

パタヤ女子オープンは充実の1週間だったとブログで言っています。

クルム伊達公子のブログはこちらです。

クルム伊達公子のブログ