テニス専門・楽天ショップ

テニス

攻撃的なスイングでテニスが激変

前回「プロを育てた名コーチからテニスを教わる」についてお伝えしました。

前回の記事 「プロを育てた名コーチからテニスを教わる」 はこちら

「スイング理論」について深~~く追求していきますね。

さて今回「スイング理論」をお伝えするわけですが
スイング理論の秘密には実は「2種類」あります。

1. 回転量を減らしたことでスピードが格段にアップする攻撃的な「ワイパースイング」

2. 早いタイミングでボールを捉える「ライジングショット」

では、それぞれ説明しますね。

1. 回転量を減らしたことでスピードが格段にアップする攻撃的な「ワイパースイング」

ワイパースイングは、ナダルやジョコビッチ、錦織圭などが得意
とするテクニックで、今やプロでは当たり前の技術となっています。

今回お伝えするのは、実戦向けの内容です。

実践で使えないと宝の持ち腐れですからね。^^

ワイパースイングはボールの回転を減らし、さらにスピードの速い
攻撃的なワイパーを打つ方法です。

このスイングは、試合中のさまざまな場面で使えるので
プレーの幅が大きく広げることができます。

悪い例をあげると

簡単に相手に拾われるので、もっと厳しいコースを狙わないと決まらない・・・
オープンコートが空いているのがわかっていてあそこに打てば絶対に決まるはずだが・・・
自分のボールにはスピードがないから決まらないかも・・・
もっともっとアングルに、もっともっともっとワイドに・・・

と思って攻めようと思った結果は、結局サイドアウトやネットミスになってしまう。

このような経験は誰にでもありますよね。

技術的なことを言うとこのような場面に遭遇した場合でも

スピン回転をコントロールすることが出来ればスピンの量を減らして、フラット気味で打ち、
気持ちよくウィナーを狙うことが出来ます。

ワイパースイングにより、強烈な回転がかかることで
思いっきりラケットを振っても、ベースラインを割る恐怖もなく
攻撃的なボールを打っていくことができるようになります。

「でもそれって、ミスしたら意味ないんじゃぁ?」
と思うかもしれません。

確かに回転量を減らしてスピードをアップさせると
確率は低下してしまいますし、ただ単純に回転量を減らして
厚く当てるフラット系のボールなど多くの人が打てます。

しかし、ここでは回転の量を減らすことと同時に
スピン回転の量を自在にコントロールすることができることで
必要な時に回転を減らしてスピードをアップしてエースを狙ったり
確実に入れたい時に、確率を優先させることが出来るようになります。

この回転をコントロールすることが1つ目の秘密となります。

次回は2の早いタイミングでボールを捉える「ライジングショット」をお伝えします。