テニス専門・楽天ショップ

テニス

早いタイミングでボールを捉えるライジングショット

前回は「攻撃的なスイングでテニスが激変」をお伝えしました。

前回の記事 「攻撃的なスイングでテニスが激変」 はこちら

今回はお待ちかね、早いタイミングでボールを捉える
「ライジングショット」をお伝えします。

2. 早いタイミングでボールを捉える「ライジングショット」

「ライジングショット」はクルム伊達公子やフェデラーが得意とするテクニックです。

ライジングショットとは、ボールがバウンドして頂点に達する前の
早いタイミングでボールを打つテクニックです。

ライジングショットは、通常よりも早いタイミングでボールを打ち返しますので
「打点」が一番の重要なポイントになります。

ライジングショットを極めると次のような理由で試合を有利に進められます。

・相手の力を利用して少ない力で強いボールを打ち返せる
・構える余裕を与えないほどの速さで相手の時間を奪える
・角度のある鋭いボールを打ち返せる
・ネットに出ることが楽になる
・スタミナの消耗を抑えることができる

ライジングショットは、より攻撃的なフォアハンドを
身につけるためにも必要なテクニックになります。

ライジングが打てなかったら

もしもライジングが打てなかったらと考えて見ますか。

例えばボレーで考えてみますね。

ハーフボレーが出来なかった場合、全てのボールを
落下地点に入り込みローボレーをしなければなりません。

でもそれは俊敏なフットワークがない限り難しいです。

だからこそライジングショットは、特別な人が
身につけるスーパーショットではないのです。

自然に誰もがやり、無理に打っていたボールを
少ない力で楽に攻撃できる、最もテニスプレイヤーが
習得したいショットではないですか?

肩の強いプレイヤーなら、少しスイングのタイミングが
遅れても、力でねじ伏せることができます。

しかし力のないジュニアや初心者、中高年プレイヤーは
力でもっていくことができません。

なので早いタイミングでボールを捉えて攻撃的なテニスをすることが
試合に勝つために重要なポイントになるのです。

1球のボールだけを見れば、下がれば下がるほど、返球は楽になります。

しかしその分相手は時間的に余裕が出来るので、オープンコートは
なくなり、その後の展開で結局不利になります。

それなら下がらないでさらに踏みこんで
ショートバウンドで打てばいいと思いませんか。

ライジングショットは難しい高度なショット

ライジングショットは「常に難しく大変高度なショットです。

なのであなたは、私にはまだ早いのかも。
もっとテクニックをつけてからでもいいかな。

と思うかもしれませんが、もしそう思っているのなら、
それは本当にもったいないことです。

あなたに機敏なフットワークがあって、
誰にも負けないパワーでスピードボールを打る
のであればライジングは必要ないかもしれません。

しかし、多くの一般プレイヤーの方は、そうではありません。

ましてやあなたのような初心者やジュニアにとっては。

例えば、相手のボールがベースライン深くにきたとします。

コーチは「足を使って下がって、打ちやすい場所まで移動してから打ちましょう」

そんな風に言われませんか?

でも実際は下がれないし、そんな時間はないし、足が追いつかないし

文句タラタラですよね。

そこでショートバウンドで攻撃できるテクニックがあったとしらすごくないですか?

フットワークはとても楽になり、次のポジションがとても有利です。

初心者でライジングショットが打てたらすごいですよね。

そこでこのDVDが、あなたにライジングショットやワイパースイングの
細かいところまで教えてくれて、攻撃の幅を広げてくれます。

いつまでも相手に動かされないで、攻撃的に相手を振り回せる
ライジングショットがうまくなりたいならこのDVDが役立ちます!