テニス専門・楽天ショップ

テニス

初級者でもテニスが短期間で上手くなる指導法

テニススクールだけでなく、学校や地域で
テニスゼロから初心者を指導するのは苦労します。

握り方も何もわからないところから入るので、
適当なことを教えれば変な癖が付いてしまいます。

私も握り方で相当悩みました。

少し握る角度を変えるだけでボールが上に上がったり
ネットに引っかかったりしますからね。

練習していくうちにだんだん上手くなるとは言われますが
自己流でやっていては全ての人がうまくなるとは思えません。

その癖をいつまでも引きずって上手くならないまま
一生を過ごしたり、握り方ひとつが原因でテニスに夢中に
なることなくやめてしまったりします。

本当にもったいないことです。

だからこそ、テニスの初心者には
テニスを好きにさせる優秀なコーチや指導法が必要なんです。

指導法次第で教える生徒の運命が
決まるといってもいいくらいです。

例えば、「コーチのいる学校」と「コーチのいない学校」を
比べてみてください。

いつも大会で勝ち進むのは「教え方の良いコーチのいる学校」ではないでしょうか。

生徒たちだけで練習しているので技術の向上もなく
当然といえばそれまでですが・・・

コーチの指導法の質でテニスは上手くなる

それではコーチは存在するけど、大会で
「勝ち進む学校」と「勝ち進めない学校」を比べてみてください。

各々のコーチの何が違うのかわかりますか?

勝ち進むにはコーチの指導法の質が違うんです。

テニスの教え方にとても関係してくるんです。

上位に食い込んでくる学校はコーチの教え方が良いですね。

いかにコーチの教え方が大事なのか、これでわかるはずです。

生涯テニスを楽しむには

話題を変えますが、
テニスは生涯スポーツと言われます。

できれば一生涯人生に欠かせないスポーツとしてテニスを楽しみたいですよね。

では生涯テニスを楽しむには、ということをお話します。

例えば、中学校時代にスパルタ的な指導の元で教わったとします。

その生徒はテニスを好きになれるでしょうか?

忍耐力が付き上手くなり好きになれば高校、大学と続けているかもしれません。

しかし良い成績を取れなかった生徒は悪いイメージだけで終わり
疲れ果て、その結果テニスを辞めてしまうかもしれません。

続けていても面白みを感じず
上手くはならないかもしれません。

スパルタ指導のせいで、心にトラウマを
持ってしまうこともあります。

テニスを続けない、テニスを好きになれない
一番の原因は上手くならないことにあります。

上手くならなければテニスだけでなく
野球だってなんだって嫌になりますよね。

だから生徒を上手くなるようにするにはコーチが必要ですし
そのためにコーチは指導法を上手くならなければいけないのです。

コーチの存在はすごく大きいんです。

テニスを教えるコーチの仕事

コーチの仕事とは何だと思いますか?

コーチの仕事は、下記3つではないでしょうか。

・テニスを好きにさせること
・テニスを上達させること
・テニスを続けさせること

もしもあなたがコーチの立場だったら、
上記3つを達成できるように教えていますか?

自己満足で終わっているかもしれないと反省しているのなら
少しでも生徒たちがどう思っているのか考えてみると良いです。

意外とダメダメコーチになっているかもしれませんよ。

もしもダメダメコーチになっているかも、と思っているなら
初心者でもテニスが上達するために本当の基本からテニスをうまくさせる
指導法を習得することをお勧めします。

本当の基本からテニスを教えられれば、
テニス未経験の主婦だけでなく、テニス初心者でも
わずか30分でラリーが50往復できるかも知れません。

単にテニスラケットの握りや振り方、ボールの打ち方を教えるだけでなく
楽しんで最速で覚えるテニス上達法を教えることができます。

あなたが思い描いている教え方は本当に間違っていませんか?

基本からテニスを教える方法を習得することで、
あなたのコーチ法を変えてみてはどうですか?

なかなか生徒たちが上達しない時には
原点に帰り、試しにもう一度基礎に返り
教えてみると案外うまくいくかもしれませんよ。

もちろんテニス実践者本人の技術向上にも役立ちます。

今まで知り得なかったしっかりした基本を知ることは大事ですね。