テニス専門・楽天ショップ

テニス

テニスが上達しない悩み

テニスが上手く上達しない多くの悩み

テニスが上手く上達しないで悩む方は大勢います。

あなたはどんな悩みを抱えていますか?

テニスで多い悩みは

・すぐミスをする
・ストロークが続かない
・ボレーが上手く打てない
・スマッシュが打てない
・サービスが入らない
・ダブルフォルトになる
・バックハンドが苦手
・スライスとトップスピンを打ち分けられない
・雑誌のとおりやってもうまくいかない
・練習後いつも腕や肩腰が痛い
・フットワークがイメージどおりではない
・ロブボールが追えない
・早く試合に勝ってみたい
・短期間で上達したい
・上手くなったら大きな大会に出たい
・練習は嫌い
・手っ取り早く上達したい

こんなところでしょうか。

技術的な悩みが多いですね。

ではこれらテニスで多い悩みは、なぜ起こるのでしょうか?

テニスが上手く上達しない悩みの原因

あなたがテニスが全然上達しないと悩んでいるとすれば
もしかしたら次のような状態になっている恐れがあります。

・プロ選手がやる練習をマネしている
・テクニックばかり練習している
・習得できない技術を短時間で教わっている
・基礎だけにこだわって練習している
・フォームにこだわりすぎてしまっている
・雑誌や本を元に練習している

あなたが上達しないのは、もしかしたらただ単に
ポイントがズレているだけかもしれないです。

多くの初心者の方は、知識を入れて早く上手くなりたいために
いろいろな雑誌を一字一句逃さず読みます。

スクールのコーチにいろんなアドバイスをもらって
練習を繰り返してボールを多く打ったり、プロのフォームを
マネるとテニスが上達すると思っています。

しかし現実はどうですか?

・フレームショットを連発
・打てばネットに突き刺さる
・大きく打ちすぎてバックアウト
・スマッシの空振りは当たり前
・ダブルフォルトばかり

もしかしたらこんな感じで、いつまでも
一向に上達しないでいるかもしれませんよね。

心当たりはありませんか?

テニスが上手く上達しない壁

自分が相手より劣っていると感じてしまうと
自分のコートが相手のコートより広く感じて
相手のショットに全く追いつけないことはないですか?

逆に相手のコートが狭く感じて丁寧に打っても
ネットに掛かってミスしたりラインアウトに
なってしまうことはないですか?

打ちごろのショットも当てるのが精いっぱい。

頭ではわかっているのに、体が思ったように
動かないことはないですか?

大きなラケットに当てて、ただボールを打ち返すだけなのに
テニスは覚えることだらけで、何でこんなに難しいのだろう。

雑誌やコーチもみんな言うことが違うから
何を信じて練習しればいいのだろう。

上達に行き詰っている初心者の方というのは
このような壁に直面します。

多くの初心者の方はアドバイスや雑誌などの情報をたくさん覚えようとして
その多くの情報に対して一生懸命練習に励みます。

テニスは経験が浅くても一生懸命周りが見えないくらい
練習すればある程度までは上手く打てるようにはなります。

しかし、そこからが問題です。

テニスが上手く上達しない壁にぶつかるので
そこから一向に上手くな気配がありません。

さて初心者のあなたにはつらい現実です。

テニスが上達しない壁を克服しないとテニスが
楽しくなくなりますよね。

困りました。

しかし、テニスが上手く上達しない壁を克服し
テニスを上達させる秘密があります。

それは

単なるコツを覚えることです。

このコツは、ボロボロになるまで練習する必要はありません。

努力もいりません。

才能は関係ありません。

テニスが上手く上達しない壁を克服すれば、ご年配の方でも
ラケットを握って間もない主婦の方でも、1度も試合に
勝ったことがない補欠テニス部員でも、まともにランニングすら
できない体力の持ち主でも、思い通りのストローク、サーブ、ボレー、
バックハンド、スマッシュができるようになります。

このコツについては、次回お伝えします。

テニスが上手く上達しない壁を早く乗り越えて
試合でバンバン勝てる醍醐味を早く味わってください。