テニス専門・楽天ショップ

テニス

テニスが上達しない自分の弱点わかりますか?

練習ではわからない欠点が大会に出てみて見えてくる

あなたが最近始めた初心者であっても
いずれ大会などに参加したくなります。

「いやいや大会なんて滅相もない!恐れ多くて出られないよ!」

なんて言っても、続けていればおもしろくなってきて
いつかは出る羽目になります。

いつも同じメンバーと練習なんて飽きてきますからね。

それと独特の試合の緊張感というか
雰囲気も味わっておくのもいいもんですよ。

それによって上達も早くなりますし、
自分のどこが悪いのかを振り返るいいチャンスにもなります。

・自分がどのレベルにいるのか
・自分のどこが悪いのか
・自分のプレーがどのくらい通用するのか

その度合いによって、復習して練習
しなければならない部分が見えてきます。

この辺がいつもの練習ではわからない、大会に出た時に
自分の弱点を見つけるメリットでもあります。

テニスの試合に出なくてもいつもの練習で欠点がわかる

大会に出ないとしても、練習をしていれば
自分のどの部分が弱いのかは充分にわかります。

それは
・ネットをうまく越えなかったり
・ラインを超えてしまったり
・ラケットのはじっこに当たってボールが上手く飛ばなかったり

「練習していればいつかは上手くなるさ!」

と思っていても、テニスに対する意識が
しっかりしていないと上手くはなりません。

教えてくれる人がいないと尚更です。

ましてや自己流では、ある程度打てるようになっても
変な癖など付いて、そこから一向に上手くはなりません。

ネットを越えなかったり、自分の打ったボールの行方を見れば
軌道は良いのか悪いのかはわかります。

しかし自分がどんなフォームで打っているのかは
気をつけたことがないと思います。

というか、ボールを打っているときは見れませんよね。

ビデオでもセットしておけば別ですが。

例えば、身体の軸がどうなれば上手くラケットを操作できて
ボールに上手く力が伝わり飛んでいくのか、とかですね。

そのように自分が打っている時のフォームによっても
ボールの行方が変わるというのもあるんです。

あまり気にしたことがないかもしれませんね。

でも自分のフォーム、特に重心移動などは特に大事ですよ。

野球でも軸が大事で、遠くに飛ばせるバッターの良いところは
身体の軸がしっかりとしているところです。

軸が前に行ったり、後ろに行っていては力も伝わりませんし
バットの芯に当てることも難しくなってきます。

テニスも一緒です。

軸と重心がしっかりしていて初めて、
ラケットに力が正確に伝わりうまく飛んでいくのです。