テニス専門・楽天ショップ

テニス

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD1のレビュー

今回は、「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」
1枚目のDVDである「DVD1」のレビューをお伝えしていきます。

前回では、このDVD教材の全体像のレビューをさせていただきました。
「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」レビューはこちら

「レビューは見たけど、でも肝心のDVDの中身が本当に良いものなのか?」
「中身には何が入っていて、本当にテニスが上達するのか?」

というDVDの中身に関しての疑問を数名の方からご相談を受けました。

なので今回の記事では、DVD1の中身に何が入っていて
テニス初級者のあなたがどのように上達できるのかに
せまって行きたいと思います。

DVD1の内容

DVD1には次のような上達できる項目が入っています。

1.ストローク
フォアハンドストローク
フォアハンドスライス
バックハンドストローク両手打ち
バックハンドスライス

2.ボレー
フォアハンドボレー
バックハンドボレー
ハイフォアボレー
ハイバックボレー

3.対談
集中力の持続方法

DVD1の画像はこれです。

DVD1の内容はお分かりいただけましたね。

DVD1での教え方

ひとつの打ち方、例えばボレーにしてもフォアハンドもあるし
バックハンドもあることはお分かりだと思います。

でも、ただ闇雲に打って、なんとなく当たり飛んでいけばいい
というような打ち方ではテニスの上達は程遠いです。

ひとつひとつのムダのない最小限の動作と力で、
身体に無理のない振り方を覚えることで
怪我のない楽しいテニスができます。

このDVD1ではどのようにして教え
どのようにテニスが上達しいくかと言うと

上達できる基本の打ち方を、良い例と悪い例を比較して
ひとつひとつ詳しく実践しながら教えています。

現在、無駄な打ち方をして、力任せに打っている方、
身体のあちこちにすぐに故障を抱える方には
是非習得してほしい技術です。

無駄のない打ち方、力をかけない自然な打ち方が
あなたのテニス生命を長く維持し、楽しいテニスができます。

基本の部分ですし、良い例と悪い例を比較しながら
詳しく説明されているのがこのDVD1の特徴です。

なので、もしあなたが悪い癖で打っているのなら
これを見て、すぐに癖を直すことができます。

ここではお伝えできませんが、この教材で伝えている
上達するための3つの秘密があります。

あなたもこれについては知っているはずです。

でもこれを意識して練習するのとしないのでは
格段に上達スピードが違います。

この秘密についてもDVD1を見て、意識しながら
しっかり練習することで上達が早くなります。

DVD1を習得することで、ストロークとボレーの技術が確実に向上します。

対談に関してですが、対談では「集中力の持続方法」が語られています。

これを聞くことでプレー中はもちろんプレー外での
モチベーションの保ち方が改善されるはずです。

人によって感じ方は違うと思いますが、私が聞いてみた感じでは
参考になる部分がたくさんあり、プレー中に使ってみたい秘策も含まれていました。^^

詳しくはDVDをご覧下さい。

DVD1のまとめ


・DVD1を習得することで、ストロークとボレーの技術が確実に向上します。

・ムダのない最小限の動作と力、体に無理のない振り方を覚えることで
 怪我のない楽しいテニスができます。

・対談を聞くことで集中力を持続するきっかけが見えてきます。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」の購入について

この教材には、多数特典が付いています。

メール相談がついているので、技術的な悩みが相談できます。

そしてさらには、もし満足できなければ、全額返金という保証が付いています。

今なら、19,700円 が先着100名様限定で ⇒ 14,800円 で購入できます。

決済方法は、銀行振込み(郵貯含む)・クレジットカード・代引き・コンビニ・BitCashが使用できます。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」の詳細・購入はこちらからできます。

先着100名様限定で4,900円も安く購入できますので、早めに決断すると良いです。

試合に勝つために技術的にもメンタル的にも進歩する、決して損はしないDVDです。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」に付属のDVD レビュー記事

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」レビューはこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD1のレビュー記事はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD2のレビュー記事はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD3のレビュー記事はこちら