テニス専門・楽天ショップ

テニス

テニスが上達しないと健康喪失に陥る

テニスを休むと悪い状態に戻っちゃう

どーも、サブです。

前回までDVD教材をご紹介していました。
「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」のレビュー

あなたはテニスやその他の運動を週に何日やっていますか?

毎日テニスの練習すれば今までの技術の状態は維持、もしくは上達します。

逆にテニスの練習を休めば元に戻ってしまいます。

なので、たまにゲームをやってみるとわかりますが
良い時と悪い時の打ち方にムラがあり、悪い癖が出ています。

たまにテニスをするとあまり使わない筋肉が痛くなりますよね。

ということは、その付近の筋肉や関節を良く使っていることになります。

逆にその筋肉周辺の関節にムリな力が
加わっているということも言えます。

テニスは毎日練習すれば良いのですが、
そんなに時間をとれない場合もあります。

でも今まで上達した技術だって維持したいと思っているはずです。

でもやぱり、テニスの練習を休んでしまうと、戻っちゃうんですよね。

それはテニスばかりでなく野球だって、バドミントンだってそうです。

テニスをする日数で健康の度合いがわかる

私は毎日10kmを日課として走っています。

「えらい!」

別にえらくはないですが・・・
人生の日課として続けざるを得ない状態になっただけの話です。

マラソンなどは2日休むと、体が重く感じたり、肺に思うように
酸素が運ばれなかったりと、走り具合が悪くなります。

口から酸素を取り込み、肺の奥深くまで
浸透させることで、心肺着機能が高まります。

そして、血液や酸素が心臓や脳へと活発に
送られることで、体の調子は良くなり活性化します。

テニスにも同じことが言えます。

1週間に1回しかテニスをできない人は、月に4回しかできません。

7日も時間が空いてしまうと打つ感覚を忘れてしまいますよね。

運動している人と全く運動していない人を比べると
健康面において、病気や免疫力などの抵抗力が劣ります。

テニスにおいても毎日やる人とたまにしかやらない人では
病気に対する抵抗力は違います。

テニスが上達しないと嫌になって練習をサボりたくなります。

そうしているうちに、本当にテニスをしなくなってしまいます。

テニスをしなくなるということは動かなくなる。

これは健康面で見ると悪い傾向ですよね。

なのでテニスが上達しない人、つまりテニスを
続けない人は、病気になりやすいといえます。

無理矢理、テニスが上達しない人を
病気になりやすい人にしてしまいました。

でも長い目で見ると、あながち嘘でもないと思いますよ。

テニスができない日はこのDVDを見てイメージトレーニングをしておくと良いです。

テニスを休んだブランクを感じさせないようなプレーができますよ。
「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」のレビューを見る

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」の購入について

この教材には、多数特典が付いています。

メール相談がついているので、技術的な悩みが相談できます。

そしてさらには、もし満足できなければ、全額返金という保証が付いています。

今なら、19,700円 が先着100名様限定で ⇒ 14,800円 で購入できます。

決済方法は、銀行振込み(郵貯含む)・クレジットカード・代引き・コンビニ・BitCashが使用できます。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」の詳細・購入はこちらからできます。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」はこちら

先着100名様限定で4,900円も安く購入できますので、早めに決断すると良いです。

試合に勝つために技術的にもメンタル的にも進歩する、決して損はしないDVDです。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」に付属のDVD レビュー記事

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」レビューはこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD1のレビュー記事はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD2のレビュー記事はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD3のレビュー記事はこちら