初級者用サーブの動画

サーブがはいんないと試合始まらないよ!

「それはわかっているのですが、どうしても
ボールがサービスラインの中に入ってくれないんです!

「イヤイヤそうじゃないだろ!」

「ボールがサービスラインの中に入ってくれないのではなく
サービスラインの中にボールをいれないといけないのだろう!

こんなことが日常茶飯事になっている方は、確実に上達が遅れます。

それはなぜか?

ボールをサービスラインの中に入れる意識が、というか
どうやったらボールがサービスラインの中に入るのか、
どうして入らないのかがわかっていないようです。

ラケットのせいにしてみたり
着ている服のせいにしてみたり
太陽がまぶしいと、天候のせいにしてみたり
サーブ太陽まぶしい

一番の原因はフォームというか、ひとつひとつの動作に問題があるのですが、

トスを上げるにしても決まった位置に上げられればうまく打てる確率は上がります。

しかしそうではなく、1回ごとにボールを上げる位置が違うので打点が違うくなりサーブがはいらないのです。

もちろん上手くトスを上げられたとしても、打つ瞬間のラケットの角度によってもボールの行方は違ってきます。

そのうちうまくなればスピンサーブやスライスサーブを打つことになるかもしれませんが、
トスを上げる位置はまた違ってきくるので、その時には再び悩むかもしれませんね。

このように一つ一つの動作が毎回違うことが、一番のサーブがはいらない原因になります。

特に初級者のころはよくわからないでサーブを打っていることが多いです。

調子の良い日はよくはいるし、調子が悪い日は全く入らない。

同じ日でも時間によってだんだん入ってきたり、
その逆で時間が経つにつれて入らなくなる時もあります。

それはまだ自分の型が定まっていない可能性があります。

だから時間や日により、体の調子によって体のバランスや可動域などが変わってくるのだと思います。

初歩的なサーブの動画をご用意しましたので、何回も見てイメージトレーニングして次のサーブに役立ててください。

初級者用サーブ・動画のポイント

サーブのラケットの握り方はコンチネンタルグリップです。

サーブの振り方は肩の前方でボールを捕らえます。

サーブの立ち方は打ちたい方向に対して身体の横向きを作り、
前足と後ろ足のつま先を結んだ線が目標方向になるようにします。
その時、前足のつま先はやや前に向けて、身体が前に回りやすいようにします。

トスと打点の確認をしっかりすることで上手く打てるようになります。

テニス中級編サーブ動画もあわせてご覧ください

初心者がサーブで苦労する点

ラケットの握りや振り方も苦労するかもしれないけど
初心者が苦労するのはやっぱりトスだよね。

意外と思うように真っ直ぐに目標地点にボールが上がってくれない。

うーん、何回上げても、定まらない。

これは練習するしかないけど、あんまり高く上げると
余計に悪くなるようなので
はじめは低く上げてやって練習するとよいかもね。

もしも思うように上手くならないときは
このDVDを参考にすると結構上達が早いと思います。

私も練習後の復讐やイメージトレーニングで使っているDVDなんですが
自分の悪いところや悩みポイントを改善できるのでホント役立っています。

サーブの基礎から学んで試合でもうまく打てるようになるDVD

※普通にサーブが打てるようになったら、こちらのDVDで
スピンサーブもスライスサーブも打ちまくってみて下さい!

スピンサーブもスライスサーブも打ちまくる!

初級者のためのボレー動画

ラケットの真ん中に当たってないよ!

ボレーがしたいのにラケットの真ん中にうまく当たらない

ネット際での攻撃や、揺さぶりをかけてボレーがしっかり打てるとかっこいいですよね。

スマッシュなんかも攻撃的で魅力的ですが、やっぱり
確実にボレーを決めてポイントを取るようにするといいです。

でも、テニスを始めた初心者の頃のボレーって、ラケットの真ん中に当たらないんですよね。

フレームに「ボコっ」という擬音を残して当たりとっても後味が悪いです。

その動作が 1回だけでなく何回も繰り返された時には自分でも驚き、悲しくなります。

なんで真ん中に当たらないんだろう
???って

ラケットをボールに近づけようと腕を伸ばしたり、
逆に縮めたりしてもボールが真ん中に当たらないのにはとことん驚きます。

たぶん自分とボールの距離感が違っているんでしょうね。

まぁそれは練習しているうちに、いつかはよくなってくるとは思いますが
すぐにボレーが上達したいんだったらやっぱり動画を見ると上達が早いです。

動画は何回も何回も繰り返し、自分が納得いかないところを見れるのがよいですね。

初級者用ボレー動画でレッスン

初級者のためのボレーを動画を見てレッスンしてみましょう。

ボレーをする時のラケットの握り方はコンチネンタルグリップです。

ボレーは相手のボールのスピードを利用して打つので、
スイングを大きく取らないで、足を踏み込んで打ちます。

バックボレーの時も、ラケットの握り方はコンチネンタルグリップです。

基本的な初級者のためのボレー

少しボレーに慣れたらフットワークを!

ボレーは足の使い方が大事!

初級者にハーフボレーは少しむずかしいかも!

ここまでが初級者用のボレーの動画になりますが、
初級者用でものたりなくなったら→ 中級編ボレーの動画をどうぞ

ボレーをレベルアップするなら専用のDVDで!

初級者にとってボレーはなかなか難しく大変のようですね。

とにかくはじめはラケットの真ん中にすら当たらない人は多いのではないですか?

上手くなるには練習したりイメージトレーニングするしかないけど、
うまくボレーを打てない時は、動画で何回も見て覚えると上達が早いです。

でも、動画を見て理解したつもりでも、やはりボレーは奥が深いです。

ボレーがうまくなりたい!

そんなあなたの細かい欠点まで教えてくれるボレー専用DVDがあります。

YouTubeの動画を見てイメージをつかんだり理解するのもよいですが、
これはボレー専用に作られたDVDなので、今よりももっとレベルアップできますよ。

ボレーをマスターしてもっとレベルアップしたいのでしたら、
このボレー専用のDVDがおすすめです。

テニス初心者レッスン初めてのボレー・動画

テニス初心者のための初めてのボレー・動画

初心者レッスン.1 「ボレーのグリップの握り方」

ボレーをする時のグリップの握り方の説明です。
ラケットの持ち方を覚えて、徐々にボレーの基本を覚えていきます。
初心者のプレーヤーだけでなく、中級上級プレーヤーも初心に返って見て下さい!

初心者レッスン.2 「ボールキャッチでボレーのイメージ作り」

ボレーをする時に役立つ、ボールキャッチでボレーのイメージ作りを説明しています。
ボレーはラケットを振らない技術ですが、その感覚をつかむための練習として「ボールキャッチ」の練習をします。

初心者レッスン.3 「コーンを使ってボレーのイメージ作り1」

ボレーをする時に役立つ、コーンを使ってボレーのイメージ作りをします。
ボールをラケット面で捕らえる感覚に慣れて下さい。

初心者レッスン.4 「コーンを使ってボレーのイメージ作り2」

ボレーをする時に役立つ、コーンを使ってボレーのイメージ作りをします。
コーンを使ってボールをラケットの真ん中に当てる感覚を身につけて下さい。

初心者レッスン.5 「実際にボレーをしてみよう」

実際にボレーを打ってみます。
手で投げたボールをボレーし、面を作りボールを前に飛ばす感覚を身につける練習です。

テニス初心者の自宅で出来る練習法・動画

自宅で出来る練習法.1

ラケットとボールを使い、テニス初心者が上達するための基礎となる
自宅でもできる練習方法を解説しています。

基本の練習方法なので、できるまで何度も練習しましょう。

自宅で出来る練習法.2

ボールといすを使って、テニス初心者が上達するための基礎となる自宅での練習方法です。

ボールを打つタイミングを取る練習なのでキッチリと練習しましょう。