グリップの握り方と基本の構え・動画

グリップ の握り方

グリップ の握り方はイースタングリップ・コンチネンタルグリップ・ウェスタングリップ・セミウェスタングリップの4つあります。
初級で教えられるのはイースタングリップが多いです。

グリップの握り方の違い

イースタングリップの握りとは左手でラケットを持ち、右手を面と合わせてグリップまで滑らせて握ります。
コンチネンタルグリップの握りとは左手でラケットを持ちに右手を広げくぼみをフレームにあわせてグリップまで滑らせて握ります。
ウェスタングリップの握りとはラケットを地面に置きそのまま右手で上から握ります。
セミウェスタングリップの握りとはイースタングリップとウェスタングリップの中間を握ります。

基本の構え方

ボールを打つ前の構えのことをレディポジションといいます。

レディポジションはサーブ以外で使う共通の構え方となっています。

構え方は足を肩幅に広げひざを少し曲げ、体重はつま先よりにかけます。
この状態で腰より上を背中が反るように胸を張ります。

スプリットステップ

素早く動けるようにできるステップです。

初心者のテニスラケットの選び方・動画

ラケットの説明

ラケットの各部分の説明になります。
ラケットはフレーム、グリップ、ガットから構成されています。

ラケットの選び方

ラケットの選び方について解説されています。
ラケットの重さや面の大きさ、ガットの本数、グリップの太さなど、使う方によって異なるのでラケット選びに参考にして下さい。

ラケット 各部の名称

メーカーによっても呼び方が違います。
フレーはフェイス、シャフト、グリップに分けられます。
ラケットヘッド、トップ、グリップエンド、ヘッドバンパー、グロメットはどの部分なのか覚えてくださいね。

ずっと使えるラケットの選び方

初心者の方のラケットが安く上級者のラケットが高いわけではありません。
ラケットの選び方は重さや大きさによって選ぶようにしましょう。

上級者用のラケットとの違い

ボールの飛びやすさが初心者用と上級者用のラケットとの違いです。
初心者用は面が大きく軽いです。

ラケットケースについて

ラケットケースにはラケットを数本入れられ荷物も少し入れられます。
テニスが強い人たちのラケットケースの持ち方とは・・・

ラケットバッグの説明

ラケットバッグには、ラケットケース、リュックタイプ、ラケットバックの3種類あります。

振動止めについて

ガットの端につける振動止めについての説明です。

テニスコートの名称・動画

テニスコートのラインの名称 1

この動画では、テニスコートに使われているテニス用語(ライン)、ベースライン・ダブルスサイドライン
・シングルスサイドライン・アレーコート・サービスライン・センターサービスライン・センターマーク
について詳しく説明されています。

テニスをする時に出てくる用語なので覚えておくと良いです。

テニスコートのラインの名称 2

サービスボックスやデッドゾーンなどのテニスコートの名称や
ポジショニングについて動画で詳しく説明します。