サービスリターン 初級編・動画

普通にストロークはできるという方でも、サービス時にスピードの乗ったボールを打つ
サービスリターンは苦手という方もいるかと思います。

ストロークのようにゆっくりとした動作では間に合わず、
抜かれてサービスエースされるかラケットに当たったとしても
思うような返球はできないかもしれません。

サービスリターンは、早いラケットの動作が必要なので
コンパクトに引いてタイミングよく打つとうまくいきやすいです。

踏み込みと同時にボールをしっかりインパクトする要領で打ち込む感じです。

初級者用サーブの動画

サーブがはいんないと試合始まらないよ!

「それはわかっているのですが、どうしても
ボールがサービスラインの中に入ってくれないんです!

「イヤイヤそうじゃないだろ!」

「ボールがサービスラインの中に入ってくれないのではなく
サービスラインの中にボールをいれないといけないのだろう!

こんなことが日常茶飯事になっている方は、確実に上達が遅れます。

それはなぜか?

ボールをサービスラインの中に入れる意識が、というか
どうやったらボールがサービスラインの中に入るのか、
どうして入らないのかがわかっていないようです。

ラケットのせいにしてみたり
着ている服のせいにしてみたり
太陽がまぶしいと、天候のせいにしてみたり
サーブ太陽まぶしい

一番の原因はフォームというか、ひとつひとつの動作に問題があるのですが、

トスを上げるにしても決まった位置に上げられればうまく打てる確率は上がります。

しかしそうではなく、1回ごとにボールを上げる位置が違うので打点が違うくなりサーブがはいらないのです。

もちろん上手くトスを上げられたとしても、打つ瞬間のラケットの角度によってもボールの行方は違ってきます。

そのうちうまくなればスピンサーブやスライスサーブを打つことになるかもしれませんが、
トスを上げる位置はまた違ってきくるので、その時には再び悩むかもしれませんね。

このように一つ一つの動作が毎回違うことが、一番のサーブがはいらない原因になります。

特に初級者のころはよくわからないでサーブを打っていることが多いです。

調子の良い日はよくはいるし、調子が悪い日は全く入らない。

同じ日でも時間によってだんだん入ってきたり、
その逆で時間が経つにつれて入らなくなる時もあります。

それはまだ自分の型が定まっていない可能性があります。

だから時間や日により、体の調子によって体のバランスや可動域などが変わってくるのだと思います。

初歩的なサーブの動画をご用意しましたので、何回も見てイメージトレーニングして次のサーブに役立ててください。

初級者用サーブ・動画のポイント

サーブのラケットの握り方はコンチネンタルグリップです。

サーブの振り方は肩の前方でボールを捕らえます。

サーブの立ち方は打ちたい方向に対して身体の横向きを作り、
前足と後ろ足のつま先を結んだ線が目標方向になるようにします。
その時、前足のつま先はやや前に向けて、身体が前に回りやすいようにします。

トスと打点の確認をしっかりすることで上手く打てるようになります。

テニス中級編サーブ動画もあわせてご覧ください

初心者がサーブで苦労する点

ラケットの握りや振り方も苦労するかもしれないけど
初心者が苦労するのはやっぱりトスだよね。

意外と思うように真っ直ぐに目標地点にボールが上がってくれない。

うーん、何回上げても、定まらない。

これは練習するしかないけど、あんまり高く上げると
余計に悪くなるようなので
はじめは低く上げてやって練習するとよいかもね。

もしも思うように上手くならないときは
このDVDを参考にすると結構上達が早いと思います。

私も練習後の復讐やイメージトレーニングで使っているDVDなんですが
自分の悪いところや悩みポイントを改善できるのでホント役立っています。

サーブの基礎から学んで試合でもうまく打てるようになるDVD

※普通にサーブが打てるようになったら、こちらのDVDで
スピンサーブもスライスサーブも打ちまくってみて下さい!

スピンサーブもスライスサーブも打ちまくる!