「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」口コミ

どーも、サブです。

今日は「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」の
口コミについてお伝えしていきます。

実践者達のDVDで教えている右近貴志コーチへの心からの
喜びのメッセージが届いています。

読んでみてください。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」実践者の声

長野県 400代女性 K・K様

試合に強くなるテニスDVD送付ありがとうございました。

凄く難しい内容かと思ったら 本当に基本中の基本ばかりでしたが、
レッスンでも あまり触れられない内容ばかりで とても役立ちました。

と 同時に初心に返る事が出来ました。

私はテニスを始めて8年余りになります。レッスンをずっと続けてきており
コーチも4人ほど 教わりましたが みなそれぞれです。

昨年よりレッスン後にテニスノートを書いています。
次のレッスンをするまでは内容を覚えているのですが、
レッスンすると前回のレッスン内容は すっかり忘れてしまって。

そんななか、このDVDは いつでも観ることができます。
なので このDVDを観る事で 初心忘れず、基本をいつも頭に入れながら
練習できるのでとても役立ち 上達出来そうです。

4人のボレーボレー よくレッスンでやるのですが
どんな意味があるのか分からずやっていたのでDVDをみて
なるほど~と思いました。

スライスもイメージすることで 凄く綺麗に打つ事が出来ました。
ちなみに両手バックのスライスはどうしたらいいでしょう?

欲を言わせて頂ければ試合形式が盛り沢山のDVDがあればいいなあと思いました。
色々な展開で。

本当に色々勉強になりました。毎日少しでもDVDを見て
脳裏に焼き付けレッスンに出掛けて行きたいと思います。

本当にありがとうございました。


東京都 60代男性

右近貴志コーチ様

初めまして 

私、東京のN・Sと申します。

テニス暦はもう45年にもなりますが 
仕事が少し楽になった一昨年よりダブルスのみベテランの試合に参戦し始めました。

一昨年はたった5PでJAPAN入りを逃し、昨年はペアーで20位と資格はあったのですが
諸事情があり、エントリーできませんでした。

今年は60歳最後の年になるので苦戦が予想されますが 
「3度目の正直」を狙っています。

そのような状況で先週末「テニス 簡単に勝てるダブルス」を購入いたしました。

早速土曜日にDVDを拝見し、日曜日に実践し、
その内容に感動してメールをさせていただいています。

サーブ・スマッシュで「顔を上に向けたまま行う」に関しては、
・目が球から離れず
・身体のブレが少なく
・右手が高く伸び
・腹筋が使え

長年の悩みから 一瞬で開放された気分でした。

また、ストローク等で「顔と打点の高低差による感覚の差」の説明については、
ラケット面に目をつけた感覚でいると、打球時に注力すべき事が明確になり、
集中力が増し非常に効果的でした。

今後、他の教えも徐々に確認していきたいと思います


これが「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」の一部の声です。

気になる方はこちらの詳細をご覧下さい。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」に付属のDVD レビュー記事

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」レビューはこちら
「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD1のレビュー記事はこちら
「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD2のレビュー記事はこちら
「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD3のレビュー記事はこちら

YouTubeの動画で見れる「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」

テニスっていうとほとんどがダブルスのゲームではないですか?

シングルスであんな広いコートをひとりで
縦横無尽に走らされるなんてことやっていたら
体力やスピードがない中高年にはつらいです。TT

となるとテニスがやっぱりダブルスを極めるしかないということになりますね。

ただダブルスだってある程度体力やスピード、
技術的に上手くならないとゲームになりません。

せっかくゲームをしているのに続かないと
組んでいるパートナーだけでなく
相手にも迷惑をかけてしまいます。

私も結構ありました。

打ったボールが全部、自分が自滅して
相手が1球も触らずにゲームが終わってしまった・・・

みんなに対して申し訳ないという気持ちだけが残ります。

自分がもっと上手くならないとみんなに迷惑ばかりかけてしまう・・・

自分も含め、そういう人も結構いるんじゃないですか?

ミスを恐れそのまま続けていると、また自滅するんじゃないかと
動作が縮こまったり、慎重になりすぎてさらにミスを犯してしまう。

自分ではちゃんと打っているはずなのに
ネットに引っ掛けたり・・・
ラインをオーバーしてみたり・・・

いいことなしで一日を終わってしまったりします。

でも、力を全く入れない無気力状態の方が
いいボールが飛んでいく場合もあります。

あれはなんなんでしょうね。

やっぱりテニスは自己流では上手くならないし
変な癖がついてからでは直すのが大変です。

テニスが、特にダブルスが上手くなるには動画を見て
イメージをふくらませるのが一番だと思いますよ。

テニスのダブルスが上手くなる動画

YouTubeに「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」という
DVD教材が投稿されていのを発見したので「内緒」でお伝えします。

投稿自体良いのかどうかは別として、
DVD教材の中身が一部分ですが公開されています。

削除される心配があるのでその前に見ておいてください。

・・・・・・

どうですか?

これが「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」の
DVD 3枚あるうちのほんの一部です。

私がテニスを始める前からずーっと見ていたDVDです。

これを見ていたから、テニスをゼロから初めた当初でも
初めはぎこちない動作もどこが悪いのか
家に帰って悪いとこを復習してみるとすぐに改善できましたね。

やっぱり指導している動画があるのとないのでは
上達スピードが全然違うと感じています。

このDVDに会っていなかったらテニスが好きにならないで
今でも悪戦苦闘してると思いますね。

もしかしたらテニスを続けていなかったかもしれません。

そんなテニスのダブルスが上手くなる動画DVDですが
気になる方はこちらで詳細をご覧下さい。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」のDVDはこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」のDVD レビュー記事

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」レビューはこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD1のレビュー記事はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD2のレビュー記事はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD3のレビュー記事はこちら

テニスが上達しないでいる自分の未来を予想

テニスが上達しないでいる姿が目に見えます

どーも、サブです。

あなたが初めてテニスを始めたころから比べると
今の状態は上手くなっているはずです。

おそらく・・・

もしもはじめた時と同じだとしたら要注意ですよ。

数を重ねて練習していれば、順調にいけば上手くなっているはずです。

でも、もしかしたら悪い癖がついて
どこかで伸び悩んでかもしれませんね。

例えばですよ
もしも今の状態のまま10年・・・ 20年が経過したとします。

あなたはそれで納得がいきますか?

プライドが許しませんか?

上手くなりたいですか?

たいていの方は今よりももっと上手くなりたいはずです。

でも今のあなたの気持ちが進歩しない限り
技術の向上は望めないでしょう。

うまくなるという決断がなければ
それ以上は行き止まりになります。

あなたのテニスを上達させるには
誰かに教えられるか、自分で上手くなるしかありません。

もし教わるほうをお望みの時は
当サイトでお勧めしているDVDを見て
テニスに役立てて上達してほしいです。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」を手に入れない時のデメリット

もしもこの「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」の
DVDを手に入れなかった時のデメリットは

うーん、困りました。

でもこの際だから言います。

例えば、あなたが今ちょうどテニスが
おもしろくなってきているところだとします。

でもいつか伸び悩む時期が来ます。

それは基本がしっかりしていないために起こります。

基本がしっかりと身についていれば関係ないですが
もしかしたら知らないで、間違って覚えているという
可能性もありますよね。

私なんかバドミントンを10年やってきたある時、
なぜかスマッシュが早い時と遅い時があるので
悩んでいたら、ある方に教えられました。

握り方が違う!・・・と

唖然全でしたね。

10年もやっていて、そんなことも知らなかったんです。

そりゃそうです。

今まで誰にも教わらなかったんですから。

それ以来上手く打てないときなどは、他人に聞いたり
ビデオをみたりして研究して、自分の握り方や打ち方を定着させました。

その後すぐに、県で優勝しました。

最初に教わればもっと早く上手くなれたのかもしれません。

まー、それは結果論ですが。

テニスだって同じです。

苦労して覚えるのがいいか、誰かに早くすんなり覚えるのがいいかは、
あなたがかける時間の重さによると思います。

気長に覚えたいというのなら、このDVDは必要はないかもしれません。

早く覚えたいというのなら、絶対に必要になります。

なのであえて「絶対に購入してください!」
とは言えませんが、いつかは必要になる時が来ると思います。

でも必要になったその時に、値段が2倍になっていたら
おそらく購入はしないと思うので、
このような最後のお知らせをしております。

この教材はダブルスでのショットの打ち方から戦術まで
細かく映像にまとめられています。

これからテニスの試合に出場しようとしている方や
ダブルスの楽しさを分かり始めた方に最適なDVDになっています。

ぜひあなたのテニス上達のために役立てて下さい。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」に付属のDVD レビュー記事

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」レビューはこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD1のレビュー記事はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD2のレビュー記事はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD3のレビュー記事はこちら

テニスが上達する3種類のパターン

テニスが上達する3タイプ

どーも、サブです。

あなたはテニスを習得する時にどうやって覚えますか?

世の中には3種類の人たちがいます。

何かを学んで身につける時に、3種類の習得パターンがあるのです。

1.自分で実践してできるようになる人
2.情報さえあれば、自分だけでも習得できる人
3.手取り足取り教えてもらわなければできない人

この3つです。

テニスを例にとって見ますね。

基本的な書籍や人に聞いた情報など、自分で集めることのできる
情報をもとに、実践して体得できる人。、

このタイプは、1の「自分で調べて実践できるようになる人」です。

1タイプの人は、実際にやりながら、成功体験や失敗体験を繰り返し、
正しい方法を「見つけていく人」です。

次に、レッスンDVDなどを見たり、テニススクールに通ったりして
正しい方法を学びながら上達できる人は
2の「情報さえあれば、自分だけでも習得できる人」です。

この2タイプの人は、コツや失敗例などを学ぶことで
正しい方法を「身につけていく人」です。

そして、プロなどから個人レッスンを受けないと
なかなか上達できない人もいます。

それが、3のタイプの「手取り足取り教えてもらわなければできない人」ですね。

3のタイプの人は、悪いところを矯正してもらいながら
正しい方法を「教えてもらう人」です。

テニスが上達する選択肢

さらにこれらは、人の性質としてだけではなく、
「選択肢」としても存在します。

自分で試行錯誤して練習するよりもスクールに
通ったほうが効率よく上達できるとか・・・

一気に上達したいからプロのレッスンを雇おうとか・・・

絶対に独学で挑戦するんだとか・・・

そういうような「選択肢」ですね。

テニスに当てはめるなら

・とにかくどんな手段を使っても早く上達することが目的と考える人
・誰にも教えられずにとにかく始める人
・雑誌や本、DVDなどを一通り読みながら進んでいく人

という風に表現することができます。

すべての人がレッスンを受けても上達するとは限りませんし、
すべての人が本や雑誌、DVDを見ても覚えられるとも限りません。

上達方法の手段は人によっても違うはずです。

だから今強くお勧めしている、この「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」
のDVDも、もしかしたら人によっては上達できる方法に感じたり、
上達できない方法に感じたりするかもしれません。

万人に上手くいく方法だとは思ってはいけないので
良いことばかりは言ってられません。

だからあえて、このように語らせていただいております。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」のDVDは
できればテニスが上達したいすべての方に見てほしいのですが
先ほど言いましたように、タイプにより、必要な方も、
必要でない方もいると思います。

お勧めしたいDVD教材ではあるのですが、
あえて必要である方にだけにお勧めします。

DVDを見て上達してみたい時には、こちらのDVDを
ぜひ手に入れてください。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」に付属のDVD レビュー記事

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」レビューはこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD1のレビュー記事はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD2のレビュー記事はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD3のレビュー記事はこちら

なぜ朝早くてもテニスを練習するのか?

テニスを欠かさず練習するおじいさん

どーも、サブです。

私の住んでいる地方では北国なので
12月まではテニスコートはやっています。

しかし、1月から3月までは雪が積もるので閉鎖されます。

寒くなる12月でさえも、日中に60歳を越えたくらいの
おじさんやおばさんたちが、練習をしに来ます。

夕方になると中学生や高校生が練習しに来ます。

以前私は、朝にテニスコートの近くを6時に走っていたところ
70歳は越えているおじいさん達がテニスをしているのを見ました。

毎日欠かさず6時に来ているみたいです。

今のおじいさん達は元気ですからね。

若い人たちは家でゴロゴロゲームなどしてないで見習ってほしいです。

私は44歳ですが、歳をとると時間が
もったいなくてしようがありません。

朝は外が暗くても、目覚まし無しで4時半には起きます。

このおじいさん達も朝早く目が覚めて、6時にテニスコートに
好きなテニスをやりに来るんだろうなと思いました。

では、なんで朝早いのにテニスをしに来るのか?

それは
テニスが好きだから・・・
上達したいから・・・
健康でいたいから・・・

その他にも理由はあると思います。

でも一番の理由は、やはりテニスが好きだからではないでしょうか!

テニスができるなら
どんなに寒くても
どんなに雨が降っても
どんなに朝起きるのが辛くても

テニスを続けるに違いありません。

歳をとると体が思うように動かなくなるかもしれません。

ヒザとかが動きずらくなるかもしれません。

でも、そんなガムシャラなことが、テニスを上達させる秘訣だと思います。

でも学べる機会があるときは、できるだけ教えられたほうが良いですよね。

若いうちにテニスを上達して、歳をとってからも楽しめるようにこれを見て上達してください。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」に付属のDVD レビュー記事

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」レビューはこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD1のレビュー記事はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD2のレビュー記事はこちら

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVD3のレビュー記事はこちら