バックハンドグランドストローク(片手打ち) 【中級編】

バックハンドグランドストロークのポイント

バランスを保つために打ち終わりと同時に
ラケットを持った反対の手を後ろに引きます。

インパクトの瞬間にスピードが上がれば
ボールは片手でも十分強く打てます。

ラケットヘッドを下げて急速にラケットを持ち上げることで
ボールにスピンがかかります。

ラケットの握りを薄くすることで
さらにスピンを打つことができます。

体全体、特に下半身からパワーを伝えていかないと
腕を痛めたり怪我のもととなります。

バックハンドグランドストローク(両手)初級編・動画はこちら

バックハンドグランドストロークは難しい

バックハンドグランドストロークってあんまり得意じゃないんですよね。

腕の振り方が力が入る方向と真逆じゃないですか。

あんまりスピード乗らないし
なんかぎこちないんですよね。

練習が終わったあと肘が痛くなったりするのは
多分バックハンドグランドストロークやったからだと自覚しています。

どこか振り方が悪いんでしょうね。

ほどほどにコートに入ることはいるんですが
いつになってもバックハンドグランドストロークはうまくなりません。

ラケットを振る時に、左手に持ち替えて
そのまま左のフォアハンドストロークとして
打ったほうが良かったりしてね^^

その前にそんな器用なことできません。

あきらめて、うまくなるまで
これを見てバックハンドグランドストロークを練習するのみです。