テニス中級編セミウエスタングリップの握り方・動画

セミウエスタングリップ握り方のポイント

セミウエスタングリップは、ボールをもっと強く打ち
ボールに回転をかけやすい中級向けのグリップです。

セミウエスタングリップではイースタンフォアハンドグリップよりも
ラケットを少し伏せるように握ります。

これでボールに回転がかけやすくなり
大きく打っても落ちるようにコートに入ります。

セミウエスタングリップの握り方を知らなくてホームラン連発

テニスを始めたばかりの時はラケットの面が
フラットで打つように握り方も
そのようになるように教えられて打っていました。

始めの頃はとんでもないホームランを連発してましたね。

なんでみんな打ったボールがコートの中に入るんだろうと思っていました。

力を抜いているのかな?・・・とか
うまいからなんだ・・・とか

なにか攻略法があるものと思ってフラットに打ちながらも
常にホームランを連発グセは治りませんでした。

それを見かねたコーチがついにしびれを切らせて
一言教えてくれました。

それは、セミウエスタングリップの握り方でした。

その握り方でボールを打ってみると・・・

おっ、おーー、すっ、すごい、すごい、

ボールに回転がつき、勢い良く打っても
スパスパとボールがコートの中に入るではありませんか。

早くそれを教えてよ~~!

まぁ、テニスをするには順番があると思うので
コーチはフラットでの打ち方を経験させてから
それを秘策として取っておいたのかもしれません。

まさかそのセミウエスタングリップ握り方が
中級者用の握り方だとは思いませんでした。

いいこと聞いたよ~!

それからはずーっと、調子こいて
全部セミウエスタングリップで握って回転をかけて打ってます。

だってコートの中にボールが勢い良く入ると
気持ちいいいですからね。