バックスピンでボールを自分のコートに打って相手に取らせない必殺技!

ボレー、スライス、ドロップ・・・

どれも攻撃には欠かせないショットです。

でもどれも普通のプレイで、当然ですが定番です。

フワッとネット付近に上がったボールは
直接ボレーなんかすればいいんでしょうが
テニスをするんだったら普通に打つだけじゃなく
面白くなくちゃね。

とは言ってもうまくなって技術が伴わないと
「ふざけんな!」って怒られるだけですけどね。

「バックスピンでボールを自分のコートに打って相手に取らせない必殺技!」の続きを読む…

テニス中級編スライス・動画

どーも、サブです。

今回は中級編スライスの動画です。

スライスのポイント

スライスショットの特徴はボールが地面についた時にあまり高く弾まないので
相手は低いところから持ち上げるように打たなければいけません。

スライスのスピードは速く強く打つこと。

スライスの使い方は同じフォームで違うコースへ打ち分け
時にはスライスと同じフォームでドロップショットを打つと効果的です。

スライスは通常アンダースピンですが、サイドスピンをかけることで
ボールが外側に逃げるので攻めのスライスとして有効です。

スライス バックハンド初級編・動画はこちら

スライスの使い方で攻撃に幅ができる

スライスの打ち方が上達するとボールを弾ませないように
低い弾道で打つので、相手に打たせづらい状況を作れます。

または自分が不利な状況になった時など
時間を稼ぎポールポジションに早く戻れるように
遅めのスライスを打ったりできます。

攻撃的なスライスは、
ドロップショットやサイドスピンをかけたりと
いろいろな小ワザに結びつけることができます。

このようにスライス一つで攻撃や守りに幅が出てきますが
初級者の段階ではこのようなスライスショットは
少し難しく感じると思います。

なかなか思うような場所にショットが打てないはず。

ネットに引っ掛けたり・・・
ラインをオーバーしたり・・・
サイドを割ったり・・・

スライスを考える暇もなく打ち返すだけで精一杯
というような感じですよね。

中級者になってスライスを覚えてくるといろいろと
応用もきかせられるようになるのでぜひ覚えたいですね。

もっとバックハンドスライスが上手くなりたいのでしたら、
私はこの3枚入りDVDを見て練習に役立てているので おすすめしていますよ!